Dec
6
2010

アヴリルが“障害や病気をもつ子どもたちのためのチャリティ基金”「R.O.C.K.S」を設立!

アヴリル・ラヴィーンが、“障害や病気をもつ子どもたちのためのチャリティ基金”「R.O.C.K.S」
(Foundation R.O.C.K.S. for children & youth with disabilities & serious illnesses)立ち上げました。

http://www.theavrillavignefoundation.org/

「R.O.C.K.S.」は以下の5つのキーワードを象徴しています。

Respect リスペクト
Opportunity チャンス
Choices  選択
Knowledge 知識
Strength  強さ

このチャリティ活動は、音楽と並行してアヴリルが情熱を傾けて進めてきた大切なプロジェクトとのこと。
開設に際し、「R.O.C.K.S」オフィシャルサイトで以下のようなメッセージをビデオで伝えています。

http://www.theavrillavignefoundation.org/media/videos/3061/2681

「音楽活動を通して、とても多くの素晴らしい人たちにめぐり合うことが出来ました。そんな中で、人生においていろいろな障害を持つ若い世代の人たちや、自分が置かれている社会にうまく合わせることが出来ずに悩んでいる人たちに会うことがありました。
そこで感じたことは、何があろうと私たちすべての人間は、自分たちの夢を追いかけ、幸せをつかむチャンスを望んでいるということでした。」

アヴリルが情熱を注いでスタートさせたこの「R.O.C.K.S」にもご注目ください!

Dec
6
2010

アヴリルがLAの障害をもつ子どもたちのための施設AbilityFirstを訪問

先ごろ、“障害や病気をもつ子どもたちのためのチャリティ基金”「R.O.C.K.S」を設立したアヴリル。
現在、いろいろと慈善的な活動を行っている中、先日LAの障害をもつ子どもたちのための施設AbilityFirstを訪問しました。
こどもたちと一緒にアートに取り組んだり、また26歳の誕生日を祝ってもらったりと、多くの人々との触れあいを大切にしているアヴリル。
「自分のチャリティ基金を通して自分がするべきことをもっと考えて実行してゆく上で、このような触れ合いからとても多くのことを学んでいます。」とアヴリルはコメントしています。
http://www.theavrillavignefoundation.org/news/12704

またAbilityFirstを訪問したときの映像はこちらからご覧頂けます。
http://theavrillavignefoundation.org/media/videos/3061/2784

Dec
6
2010

アヴリル、クリントン元大統領のチャリティ活動イベントに出席

自身のチャリティ基金を立ち上げたアヴリルが、その勉強のために、クリントン元大統領のチャリティ活動イベント「Clinton Global Event」に出席。
Avril Lavigne Foundationオフィシャルサイトでは、“とても多くの事を学べたわ!”と語っております!

「ハイ、みんな!先日私はニューヨークで開催されたClinton Global Eventに出席しました。
私自身、Avril Lavigne Foundationの設立に向けて行動するまで、このイベントについては知らなかったのですが、招待してもらい、いろんなことを学べるいいチャンスだと思い出席してきました。
このイベントのあるセッションでは、世界の多くの地域でまだ男尊女卑が残っていて女の子を支援することがとても重要だという話を聞きました。
インドから出席していた最年少の少女は、恵まれた両親の間に生まれたことを幸運に思い、母国の貧困に苦しむ女の子たちへの就職支援を行っているそうです。

俳優のジム・キャリーもパネラーとして出席し、小規模農業者が十分な食料を栽培できるように、少量の水と狭い土地でより多くのお米を栽培する方法を話してくれました。

また、メールや携帯電話、TwitterやFacebookなどのインターネット・メディアが障害を持つ人々が健常者と同じような職に就けることにとても貢献しているというとても興味深い話を聞くこともできました。
Avril Lavigne FoundationはEaster Sealsと協力して、障害を持つ子供や若者を援助しているので、このような話をきくこができてとても勉強になりました。

ブッシュ元大統領の双子の娘であるJenna Bush HagerとBarbara Bushは教育の重要性について話してくれいたり、ハイチの大統領は震災後のハイチについて話してくれたりしました。
ハイチでは今でもテント生活を続けている人々や学校に通うことの出来ない子供たちへの援助がまだまだ必要なんだそうです。

オバマ大統領も出席していて、ミッシェル夫人をみんなの前で紹介してくれました。
彼女は軍隊から除隊した家族への就職支援の重要性を話してくれました。

このイベントに参加することができて、とても多くのことを学ぶことができたけれど、まだまだ私には勉強するべきことは山積みです。
私もClinton Global Initiativeを見習いたいと思ったし、Avril Lavigne Foundationに何らかの形で協力したいと考えてくれる若い人たちにこれからもっと出会いたい、と思いました。

Love,
Avril 」

もっとアヴリルのAvril Lavigne Foundationを知りたい方は、こちらをチェック!